刈谷市 さかい歯科は親知らず、お口の怪我にも対応

  • ご予約・お問い合わせ:0566-93-4181 〒448-0004 刈谷市泉田町城前102
  • 24時間受付 WEB予約
口腔外科
MEDICAL
お口やあごの怪我
親知らずなどの治療にも対応
親知らずが生えてきて痛む、口を開けるとあごが痛む、口の中を怪我した…
どこに相談すればいいのか分からずお悩みではありませんか?
刈谷市の歯医者 さかい歯科では、
虫歯や歯周病以外の外科的な歯科治療にも対応しています。

口腔外科とは?

*

外科的な歯科治療で
お口周りの様々なトラブルを解決します
口腔外科とは、親知らずや口腔粘膜疾患(口内炎)をはじめ、お口の周りで起きる様々なトラブルを解消する外科的な治療のことです。刈谷市富士松の歯医者 さかい歯科では、患者様の症状・お悩みに合わせてしっかりと検査を行い、負担の少ない治療を提供いたします。
その他、交通事故などによるお口の中の怪我、顎関節症といった以下のような症状にも口腔外科治療を行います。
  • 埋伏歯(親知らず)

    斜めや横向きに生えてきた親知らずが痛む、生えてこないまま周りの歯肉が赤く腫れて痛む。

  • 顎関節症

    口を開けるとカクカクとなったり、顎の関節が痛む。大きく口を開けていても指が縦に3本入らない。

  • 口内炎(口腔粘膜疾患)

    口腔内や舌に小さなできものができて触れると痛い。口の中の粘膜が赤くただれている。

  • ケガ・外傷

    事故にあったり、転倒して口の中を切ってしまった。歯をぶつけてしまい、グラグラしている。

  • 腫瘍

    お口の粘膜や顎の骨、歯ぐきなどに腫瘍(できもの)ができており、時々痛みを感じる。

  • 舌痛症

    炎症や怪我などは見当たらないが、舌がヒリヒリしたり、ジンジンと痺れるような痛みがある。

上記以外にも様々なお口の疾患に
対応いたします。お気軽にご相談ください。

親知らずについて

歯ぐきの腫れ、隙間に汚れが溜まり虫歯に、周囲の歯並びが悪化

親知らずでお悩みではありませんか?
現代の日本人は軟らかい食事が多いため、不十分な発育であごの骨格が小さい傾向にあります。親知らずは永久歯の中でも最後に生えてくる奥歯で、あごが小さくなることで生えてくるスペースがないために埋もれてしまったり、間違った向きに生えてくることが多いです。
親知らずが一部分だけ顔を出したり、埋伏歯(埋まったままの状態)になったりすることで、周りの健康な永久歯との間に汚れが溜まり、虫歯や歯周病などの歯科疾患を引き起こしてしまうのです。
刈谷市の歯医者 さかい歯科では、CTを用いた検査の結果、安全性が確保できれば、複雑な親知らずの抜歯にも対応しています。

親知らずは抜かないといけない?

まずは検査・診断を
すべての親知らずに必ず抜歯が必要、ということはありません。正しい位置にまっすぐ生えて、噛み合わせにも問題がなければすぐに抜く必要はありません。しかし、今は痛みがなくても、生えてくる場所によっては手前の歯をゆっくりと圧迫し、いずれは歯並びを乱す心配もあります。
親知らずで気になる症状がある方は、悪化して痛みがひどくなる前に、刈谷市の歯医者 さかい歯科へできるだけ早めにご相談ください。

顎関節症

思い当たる方は要注意!

顎関節症の症状チェック

  • 食事していると顎がだるい

  • 突然口が開かなくなった

  • あごがよく外れてしまう

  • 食事中、こめかみや耳の付け根が痛む

  • 口を大きく開けられない

  • 口を開閉するとカクカクと音が鳴る

1つでも当てはまる方は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください!

*

頬杖も原因の1つ

なぜ顎関節症になるのでしょうか?
仕事中パソコン作業に集中している時、下を向いてスマートフォン・タブレットなどを操作している時、ゲームをしている時など、姿勢が悪い・歯を食いしばった状態が続くと、必要以上の力があごにかかり、気がつかないうちに負担になっていることがあります。また、頬杖やストレス、歯並び・噛み合わせなどの複合的な要因が積み重なることでも顎関節症が発症すると考えられます。
長年悩んでいる肩こりや頭痛などの全身の不調が、顎関節症を治療することで改善される場合もあります。

日常生活の中で顎に大きな負担が

  • 長時間デスクワークに集中する時
  • ゲームに夢中になっている時
  • ストレスが多くイライラしている時
  • 千切りなど調理に集中している時
  • 舌を向いてスマホを操作する時

歯を食いしばらず、
あごをリラックスさせてあげましょう!

口内炎や
お口の中のできもの

*

なかなか治らない場合は早めの受診を
口腔内にできるできもののほとんどは口内炎です。口内炎の原因を改善すれば、1〜2週間で自然治癒するものです。お口にできたできものが痛みもなく少しずつ大きくなったり、2週間経っても治らない場合は、良性腫瘍や口腔がんの可能性が考えられます。
長い間治らずそのままの潰瘍があったり、気になるできものがある場合は早めに歯科医院を受診してください。
  • 口内炎

    口内炎とは、口腔内やお口の周りの粘膜にできる炎症のことです。入れ歯や詰め物・被せ物が合っていないなど、お口の中に慢性的な刺激があるとその箇所が口内炎になりやすいです。
    灰白色や黄色の膜で覆われているため、ひどい痛みはありませんが、不快感があり食事や会話に影響しますので、原因を解消することで症状を改善しましょう。

  • 口腔がん

    初期の口腔がんは、痛みなどの自覚症状があまりなく、口内炎や潰瘍などのできものと見た目が似ているので、がんだということに気がつかない場合があります。
    痛みが出てくる頃にはすでにがんが進行していることもありますので、なかなか治らない口内炎がある場合はすぐに歯科医院で検査を受けましょう。

  • お知らせ
  • ブログ
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る